恋を結ぶ往復書簡-男と女の恋し方-一覧

金魚鉢の中にいる、迷える千里さんへ(レイネン英子)#21

金魚鉢の中にいる、迷える千里さんへ(レイネン英子)#21

連載「恋を結ぶ往復書簡―男と女の恋し方―」では、芥川賞作家である高橋三千綱先生と、インテリア・アクセサリーデザイナーであるレイネン英子氏よる、恋愛や男女の違いをテーマとした往復書簡を掲載中。この2人への質問として今回は、レイネンさんが綴ります。

本気で「自分を変えたい」と思っているのだろうか(高橋三千綱)#20

本気で「自分を変えたい」と思っているのだろうか(高橋三千綱)#20

連載「恋を結ぶ往復書簡―男と女の恋し方―(https://www.gemate.co.jp/blog/correspondence/)」では、芥川賞作家である高橋三千綱先生と、インテリア・アクセサリーデザイナーであるレイネン英子氏よる、恋愛や男女の違いをテーマとした往復書簡を掲載中。今回は、高橋先生が綴ります。

キャリ女の「女」としての悩み(鈴木千里)#19

キャリ女の「女」としての悩み(鈴木千里)#19

連載「恋を結ぶ往復書簡―男と女の恋し方―」では、芥川賞作家である高橋三千綱先生と、インテリア・アクセサリーデザイナーであるレイネン英子氏よる、恋愛や男女の違いをテーマとした往復書簡を掲載中。この2人への質問として今回は、鈴木千里(29歳OL)が綴ります。

“キザな出会い”も悪くない(レイネン英子)#16

“キザな出会い”も悪くない(レイネン英子)#16

連載「恋を結ぶ往復書簡―男と女の恋し方―(https://www.gemate.co.jp/blog/correspondence/)」では、芥川賞作家である高橋三千綱先生と、インテリア・アクセサリーデザイナーであるレイネン英子氏よる、恋愛や男女の違いをテーマとした往復書簡を掲載中。今回は、レイネンさんが綴ります。

女に対する男の本音 (高橋三千綱)#13

女に対する男の本音 (高橋三千綱)#13

連載「恋を結ぶ往復書簡―男と女の恋し方―」では、芥川賞作家である高橋三千綱先生と、インテリア・アクセサリーデザイナーであるレイネン英子氏よる、恋愛や男女の違いをテーマとした往復書簡を掲載中。今回は、高橋先生が「女性に対する男性の本音」について綴ります。

妻タイプになれない人達の物語。 (レイネン英子)#12

妻タイプになれない人達の物語。 (レイネン英子)#12

連載「恋を結ぶ往復書簡―男と女の恋し方―」では、芥川賞作家である高橋三千綱先生と、インテリア・アクセサリーデザイナーであるレイネン英子氏よる、恋愛や男女の違いをテーマとした往復書簡を掲載中。今回は、レイネンさんが「30代キャリア女性の現状」について綴ります。

男性に人気な女性のセクシーポイントとは!? #20

男性に人気な女性のセクシーポイントとは!?  #20

女性の魅力はセクシーさであるとしばしば言われていることですが、じつは、その「女性にセクシーさを感じるところ」が国によって異なります。日本男性が胸を重視している割合は41ヵ国中、堂々の世界2位です。欧州では眼差しが魅力となります。女性は自分の強みに合わせて男性の国柄を選択することも有効な出会いを作る一つの手かもしれません。