夫婦の約50%が男女関係無し!? #46

統計から読み解く恋愛事情」では、現在の恋愛観や結婚の状況や変化、その理由などをデータから読み解きます。

#43にて【日本人の90%は愛情がなくても婚姻関係存続!?】と投稿しましたが、実際、夫婦は約50%がセックスレスの危機という現状です。

日本の夫婦が2人に1人がセックスレス!?

2016年の16~49歳で婚姻関係にある者(有配偶者)の1カ月性交渉を行っていないセックスレス割合は47.2%です。

2001年の28.0%からこの15年で約20%もセックスレス夫婦が増えている模様です。

1ヵ月以上のセックスレスは長期的にもセックスレス

ちなみにセックスレスの定義は日本性科学会によると、「特殊な事情が認められないにもかかわらずカップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクト(ペッディング、オーラルセックス、裸での同衾など)が1カ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合」である。

とのこと・・・・。

この15年で一体何があったのっでしょう。

成果主義の導入浸透で、男性の仕事が忙しくなったり、就職氷河期世代の結婚適齢期と社会的待遇問題や、女性活躍推進など仕事・政治面だけを挙げてもキリがないかもしれませんね。

また、私生活においてもスマートフォンなどインターネットや娯楽の発達で1人で過ごすことが快適になったりしています。

しかし、せっかく夫婦になったのですから、いつまでも結婚相手とは心身ともにパートナーでいたいですよね。

【グラフのデータについて】

出典:日本家族計画協会「男女の生活と意識に関する調査2016」

調査対象:無作為に抽出した16~49歳の有配偶者3000人

調査期間:2016年10~11月

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする